エステブログ

なぜ今『ファスティング』が求められている?

投稿日:2016年12月12日 更新日:

img_3297

皆様こんにちはこんにちは😊✨

師走らしい寒さになりましたね❄️

クリスマス🎄忘年会🍺年末年始🎍…と食べる飲む機会がたくさんありますね😅

私は食べることが大好き😍これは譲れません😍笑

美味しいものを食べるって本当幸せですよね〜❤️✨

ただ…気になりますよね…

体重増加、生活習慣病、肌荒れ、様々な体調不良😖💦

正しい知識を知ることで、美味しいものを気兼ねなく頂き💕イベントを楽しむことができます😊

さて今日は、当サロンで取り扱う『ファスティング』についてお話したいと思います‼️

なぜ、今『ファスティング』が求められているの⁉️

人類17万年の歴史は、そのほとんどが【飢餓】との戦いでした。私たち人間を含むすべての動物は、進化の過程でこの飢餓状態に適応し生き抜くためのメカニズムを遺伝子レベルでつくってきたと考えられています。しかし近年、日本の食生活は、歴史上かつてない【飽食の時代】に突入しました。「いつでも、好きなだけ食べられる‼️」といった飽食の習慣は、腸内環境を汚し体内に毒素(有害物質)を蓄積し、美肌や痩身の大敵となっているのです😱

【体内ぬ蓄積された有害物質が美容の大敵に‼️】

現代社会は、食品添加物、残留農薬、有害金属、遺伝子組み換え食品、環境ホルモン、放射性物質、硝酸性窒素など、多くの有害物質が、食事などを通して私たちの体内に取り込まれ、美容にとって悪影響を及ぼしています。これらの有害物質は活性酸素を発生させ、腸内を汚し、消化不良を起こし、100兆個と言われている私たちの細胞を汚し、ミトコンドリアを不活性化し代謝力を弱めていると考えられています。つまり現代人は、入れる(=摂取する)ことばかりエネルギーを使ってしまい、出す(=排泄する)ことができにくくなっているのです。ファスティングは、脂肪細胞に蓄積された有害物質を排泄してくれる有効な美容法として脚光を浴びています❤️✨

【食べ過ぎにより、代謝不良状態に⁉️】

また、これらに加えて問題なのが「食べ過ぎ」という現実です。ファーストフードやコンビニ食品、加熱した加工食品や白砂糖たっぷりの加工食品、トランス脂肪酸など…このような食生活では、体内の消化吸収のための酵素(消化酵素)を多量に無駄遣いさせてしまい、解毒やターンオーバーなど代謝活動のための酵素(代謝酵素)が不足してしまっています。つまり、現代人の体は、食べ過ぎによりエネルギーのほとんどが消化吸収に向けられ、代謝活動が停滞し、代謝不良になっていると考えられています。ファスティングは、このような体内の悪循環を断ち切り、きれいな細胞にリセットするための有効な手段として注目を集めています❤️✨

【疲れた消化器官を休ませ、体の中をクレンズ‼️】

ファスティングは英語で断食のことをいいます。つまりファスティングは体の中を大掃除(クレンズ)することです。現代人は、食事などから摂り入れた食品添加物、残留農薬などの有害物質、また高タンパク・高脂肪食品の食べ過ぎなどにより、消化器官は疲れきっており、悲鳴をあげているというのが実状です。古来、断食は宗教的な儀式や精神的修行の一形式として行われてきました。それが近年、病気の治療や健康増進として、欧米でも脚光を浴び、科学的な研究も盛んに行われるようになりました❤️✨

【ファスティングの真の目的とは❓】

「ファスティング」とは、単に食事を摂らないことで摂取カロリーを抑え、痩せるだけを目的としたものではありません。一定期間固形物を摂取しないことで、このような疲れた消化器官を休ませ、腸内環境を整え、アミラーゼやリパーゼなどの消化吸収するための酵素(消化酵素)を温存させ、これにより停滞していた代謝酵素(細胞分裂や解毒など生命活動をコントロールする酵素)を一気に活性化させ、解毒の排泄力を高め、汚れた細胞をリセットする、注目の美容・健康メゾットです。今話題のファスティングは、主に野菜や野草のエキスを糖質による発酵抽出で完成させた植物性発酵飲料を用いながら行うもので、完全な絶食ではありません。必要最低限のカロリーやミネラル・ビタミンを補給できるため、無理がなく行うことができることが特徴です。ファスティングを行うことで、代謝行為の要素「入れ替え、再生、解毒、排泄」のすべてがスムーズになり、体内機能が活性化されると考えられています❤️✨

なぜ今、ファスティングが求められているのか…😀‼️お分かりになりましたか⁉️

細胞をリセットできるのは、ファスティング以外なにもございません😌✨

美容・健康を望むのなら、まずはファスティングをおすすめ致します💕

-エステブログ

Copyright© Aru-ma , 2017 AllRights Reserved.