ファスティング

当サロンではハイクオリティーかつ安心安全にこだわるEsthe Pro Labo®(エステプロラボ)のサロン限定商品によるファスティングプログラムを取り扱っております。

お客様のライフスタイルに合わせた、多様なプログラムで内面からの美を提案致します。

ファスティングの方法・やり方

「ファステイング」とは「断食」を示す英語です。

断食は古来、宗教的な儀式や精神的修行の1つとして行われてきましたが、近年では健康増進や美容、工イジングケアの画期的なメソッドとして欧米でも脚光を浴び、科学的な研究も盛んに行われるようになりました。

近年注目のファスティングの方法は、一定期間固形物を摂取しないことで疲れた消化器官を休ませ、体の中からリセットすることを目的としており、体重が気になる方だけでなく、健康や美容を気にかける方へ推奨できるライフスタイルの新習慣です。

ファスティングの3つのステップ

3日間以上のファスティングを始めるにあたって、必ず知っておかなければいけないことがあります。

それは、ファスティングには「準備期」「ファスティング期」「復食期」と3つのステップがあるということです。

 Step1.   準備期

 Step2.   ファスティング期

 Step3.   復食期

■Step1.準備期

私たちが推奨する美容や健康メソッドとしてのファスティングの方法は
、酵素ドリンクを用いて必要最低限の力ロリーやミネラル、ビタミンを補給しながら無理なく実施します。
ファスティングには「準備期」「ファスティング期」「復食期」の3つのステップが重要となります。

【準備期のポイント】

純和食(こ・と・ま・ご・わ・や・さ・し・い食)を基本に、高脂質・高タンパクの食材を避け、食べ過ぎない生活を心掛けましよう。

ファスティングをスタートする前日は特に、早めに夕食をすませ、就寝しましょう。
食べる順番を意識し、よく噛んで食べましよう。
生野菜や果物、ぬか漬けなどの植物性発酵食品から食べ始めると、生の食材が持つ植物酵素が後から食べるものの消化をサポートします。

2016-11-03_23h56_01

ナチュラルハイジーン

「食べてすぐ寝る」習慣は酵素の浪費や消化不良を招きます。

酵素を生かす体内リズム「ナチュラルハイジーンに従い、タ食はなるべく20時までに済ませましよう。

2016-11-03_23h57_54

■Step2.ファスティング期

ファスティングのやり方は、ビタミンやミネラルを含んだ栄養補給のための酵素ドリンクを飲みながら行います。

初めての方におすすめな1日のファスティングプログラムや、多くの方が実績を出している14日間のファスティングプログラムなど、ライフタイル、コンディションに合わせプログラムを組みます。

しっかりとと目的を果たすために、必ずファスティングの専門家に相談するなどして、自己流で行わないようにしましょう。

【ファスティング期のポイント】

酵素が生き生きと活動するためには水が欠かせません。

人が尿や汗として1日に排出する水分量は約2.5L。

食事などで約1Lの水分を補えますが、美容のためにはあと約2Lの水を、なるべく常温で、10回以上に分けてこまめに飲むのが理想的です。

2Lが難しい場合は、1Lから始めて徐々に飲む量を増やしていきましょう。水は水道水ではなく良質な水がおすすめです。

就寝時は「吸収と代謝の時間」です。

就寝中の体温が少しでも高くなると免疫力や代謝アップにつながるため、夜は毎日の入浴や半身浴、足湯などで芯から体を温めておき、就寝中の発汗(排出)を促しましよう。

睡眠中は新陳代謝が活発になり、代謝酵素が働きます。

また翌日分の体内酵素を生産する時間でもあります。

そのため、毎日の睡眠時間として20時~4時までの「吸収と代謝の時間」を含む7~8時間を確保するのが理想的です。

■Step3.復食期

ファスティング期間中、特に気をつけなければない時期は「復食期」です。

ファスティング中は空腹を感じることがなく継続できた場合も、終了後気持ちが焦り、急いで普段通りの食事に戻してしまう人もいます。

しかし、胃腸がお休みをしていた後に突然普段の食事をしてしまっては、当然不調になってしまったり、リバウンドしやすい状態になってしまい、結果、頑張ったファスティングが復食期の過こし方によって、「失敗」に終わってしまうのです。

逆効果にならないよう慎重に胃をならしていきましょう。

【復食期のポイント】

ファスティングから明けたばかりの復食期の最初の食事は、「重湯」がおすすめです。

2回目の食事は、お粥や具なしのお味噌汁をゆっくりと摂ってください。

また、3日間以上のファスティングをした場合は、2~3日間の復食期が必要となります。

復食期2日目からは、野菜や豆類、きのこ類なども加えたおかずとお粥がおすすめです。

また手作りのフレッシュジュースやスムージーを復食期の食事や間食として摂り入れるのもOKです。

denwa

mail

投稿日:2016年11月2日 更新日:

Copyright© Aru-ma , 2017 AllRights Reserved.